TLO技術流出監視・セキュリティ技術コンペ提出物

1)TLOの技術流出を監視・阻止する方法
【wikiを利用した具体的なTLO運用状況の監視と管理】
【TLO保有国を対象にしたTLO流出防止対策の提案】

2)セキュリティ技術を高度化させる方法
【情報戦の利用によるTLO技術情報セキュリティ対策】
【TLOに関連する機体、機材へのセキュリティ対策】

3)その他アイディア(081209 22:20追加)
【黒曜子の停止と回収措置】
【黒曜子の非TLO化】

/*/

1)TLOの技術流出を監視・阻止する方法
【wikiを利用した具体的なTLO運用状況の監視と管理】
一例として、TLO管理機関用のwikiを作製したり、あるいはアイドレス編制・戦術ライブラリ@wikiなどに「TLO運用状況」のような項目をつくり、各国のTLO保有数や管理体制、イベントやターンごとの運用をまとめて監視できるようにする。

利点:これにより、PC国が管理するTLOの運用状況を随時集積、公表することによって管理と監視をスムーズに行うことができる
問題点と対処:PC国の手の届かない民間やNPC国のTLOの運用状況が把握しきれない面がある。
→政策系ACEに協力を求めたり、TLOに関する正しい知識を伝えるなど啓蒙活動を通してNPC国や設定国民に理解を求める。


【TLO保有国を対象にしたTLO流出防止対策の提案】
1、国内におけるTLOの管理を行うための政策や法を策定する。
→TLIOとの協力

2、国内におけるTLO情報情報を管理するための監視体制を整える。
→国際的なTLO管理機関との協力し、TLOに関連する機体の生産や運用、管理を慎重に行う。

3、TLO技術情報の機密保持
藩国のTLO技術情報に接する機会のある者や、TLO技術に関わった退職者と機密保持契約を結び、これを破った場合は厳しい罰則が与えられることを周知徹底する。

4、聯合先との機密保持契約
4-1、聯合先の国とTLO技術情報に関する機密保持の確認を行う
4-2、聯合先に提供される機体や資料のうち、TLO技術情報に関係する箇所は極力簡潔に表記するなどの対策をとる。

5、TLO技術情報へのアクセス制限
TLO技術情報へのアクセスに対して種々の制限を設け、それぞれ各段階に応じて藩王や摂政などのTLO管理者が厳重に管理を行う。
5-1、TLO技術情報データへのアクセス権限を厳格に定める。
5-2、TLO技術情報に関する文書や図面の管理を厳重に行い、コピーを制限する。廃棄する際も完全にデータが消去されたことを確認する。
5-3、TLO技術情報が種々の記録媒体を使ってデータを外部に持ち出せないように記録媒体の使用を制限する。
5-4、TLO技術情報へのアクセスやデータのコピーには、幾重にも個人認証を行った上でいつ誰がどのようにアクセスやコピーしたかを記録できるようなシステムを構築する。
5-5、場合によっては、ナショナルネット上など電網上でのやりとりもチェックする。

6、TLO技術情報の暗号化
TLO技術情報に対しては原則的に情報の暗号化を行う。

7、国民に対する啓蒙活動
TLOの危険性など、TLOに関する正しい情報を設定国民に伝えるなど、広報や啓蒙活動に勤める。

2)セキュリティ技術を高度化させる方法
【情報戦の利用によるTLO技術情報セキュリティ対策】
アイドレスは元々高度に情報技術が発達した世界で殆どの情報をネット上に移している背景があるため、セキュリティ対策として情報戦に長けたギーグやハッカー、ACE、AI知類、電子妖精の協力を得て技術情報のセキュリティを高めたり、TLO技術がネット上に流出しないように情報操作を行う。

1、危険なTLO技術情報はネット上での検索や閲覧ができないようにする。
2、TLO技術情報保護のため、情報の暗号化などに技術協力をしてもらう。
3、ネット上で常時、技術情報へのアクセス監視を行う。
4、技術情報への不法なアクセスや、悪意のあるクラッキングが発生した場合は遮断や対処を行う
5、ネット上に流出したTLO技術情報がある場合は可能な限り改ざんや記録の抹消を行う。

【TLOに関連する機体、機材へのセキュリティ対策】
TLOの機体に対するハッキングやクラッキング、精神的介入を阻止するため、ハード・ソフト面ともにセキュリティを設ける。

1、認可を得ていないパイロットや整備士、その他の者に機体および機体に関する情報の使用を認めない。
2、機密性を確保するため、必ず情報をやりとりする際は暗号化を行う。
3、機体へのハッキングやクラッキングを感知した場合は搭乗者および機体の判断により即時遮断を行う。
4、入力情報はサーキットゲートウェイなどのファイアウォールを通した上で通す。
5、機体を破棄する際はTLO技術漏洩を防ぐために完全に機体を破壊する。


3)その他アイディア
【黒曜子の停止と回収措置】
1、国内外に存在する全ての黒曜子の機能停止
段階ごとに以下の1ー1~1-4の手段によって停止させる。
1-1、緊急停止コードによる停止
藩王や摂政、あるいは開発者の送信する緊急停止コードにより停止させる。
1-2、情報戦による黒曜子AIの掌握
黒曜子が情報的に自閉していない場合、情報戦を仕掛けてAIを掌握したのち、黒曜子の使用するネットワークを通じて全機を停止させる
1-3、EMPによる電子系統の破壊
情報的に自閉して情報戦が効果がない場合、強力な電磁パルスによって黒曜子の電子系統を破壊して停止させる。
1-4、直接攻撃による機体そのものの破壊
以上のいずれも効果がない場合、I=Dや歩兵などによる直接攻撃で破壊、停止させる

2、TLO的動力源の分離と破壊
黒曜子の停止後はTLO的動力源を機体から切り離して完全に停止させる。分離した動力源は適切な処置を行った後、処分するかあるいは封印する。

3、機体とAIの完全分離
完全停止を確認したのち、機体とAIを物理的に完全に分離して封印、あるいは完全破壊する。


【黒曜子の非TLO化】
*注意:確実に非TLO化できる見込みがある場合のみ。

1、黒曜子のAIにロボット三原則などの適切な規律を与える
適切な規律を組み込むことで、黒曜子の暴走や悪意のある者の悪用を防ぐ。

2、動力源の非TLO化と無害化
動力源を安全なものに変更することで、放射能漏れや化け物への変異を防止する。
(例:バッテリーへの充電方式や、青の7号に使用される相転移エンジンの応用など)

3、バトルモードの機能制限
黒曜子には本来駅員モードとバトルモードがあるが、バトルモードへの移行や、武装の使用、機能について厳格に制限をつける。

4、生産台数や運用の管理・監視システムの構築
黒曜子の生産や運用がPCの手を離れて勝手に行われないように十分な監視と管理が可能なシステムを構築する必要がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0