作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第二回DEX社冒険ゲーム 資源採掘大会f:

<<   作成日時 : 2008/11/28 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

#衛星の利用
f:冒険に備えてペルシャと“ヘイムダルの眼”の一部であるヘリオドール改修型ギャラルホルン(特に衛星軌道上に静止衛星と周回衛星として配置されているもの)とをリンクさせておく
= {
 側面 = NWは約20万年前の地球なので、現在の第7世界で資源が豊富な地域を参照して資源のありそうな地域の衛星写真などを調べておき、効率よく資源探索を行う
 側面 = 周回軌道にあるギャラルホルンとのリンクにより、GPSとして常に現地での位置情報を得られるようにしておく
#参考:広域宇宙監視システム“ヘイムダルの眼”http://www35.atwiki.jp/kurogirihankoku/pages/316.html


#連携と役割分担
f:指揮官としても優秀なドラケンを冒険チームのリーダーとし、それぞれ役割分担を行う
={
 側面 = ドラケンは太陽系総軍大尉であったときに陸戦空戦宇宙戦で部隊指揮するなど豊富な経験を持つので、冒険の途中にどんな場面に遭遇しても冷静沈着かつ適確に対処できる
 側面 = コパイの冴月はドラケンとともに青の七号やシールドシップ建造に関わったのでドラケンとの連携がとりやすく、そのサポートを行う
 側面 = コパイのキギは参謀時代の経験を生かして情報収集および分析をメインに行う
 側面 = 冒険用通信機で他の部隊との連絡や連携をとる
#参考:ドランジ大尉(ドラケン)http://www.kenran.net/cha/cha32.html


#戦闘への備え
f:ドラケンは代々名パイロットを輩出するタキガワ家の血筋であるため、ペルシャとシンクロした操縦や戦闘が可能である。
= {
 側面 = 人機一体を実現しペルシャの性能を十二分に引き出して戦闘や資源探索をすることができる。
 側面 = ドラケンにとって機体のパーソナルマークは「自分の顔」であり、搭乗する機体にドラケンのパーソナルマークの「滝を登る龍」を描くことで機体との一体感を高める。
 側面 = ドラケンは戦闘時に適度に入れ替えた体の機械部品を一斉作動させることで瞬時に機体操縦に適した精神・身体状態に移行できる。
 側面 = キギの管理する作戦ライブラリなどから過去のペルシャ(アメショー)の戦闘データを機体に組み込んでおく
#参考:4日目・昼 絢爛舞踏祭ルート Aコース http://blog.tendice.jp/200512/article_10.html


#資源探索に向けたセンサー・情報処理の調整
f:ペルシャのセンサーアイや戦術データーリンクを資源探索用に調整し、フル活用して冒険に臨む
= {
 側面 = 音声データ、位置情報、画像、赤外線画像、レーダー画像、目標情報、自機データ等のデータを活用することで効率よく資源探索が行える
 側面 = ペルシャのセンサーアイは「超近距離」「近距離」「中距離」「遠距離」と切り替えられ、しっぽに付けられた物は、人間では死角になる方角の映像も見える。
 側面 = 夜間戦闘も出来るように暗視スコープ(熱線暗視装置とレーザ測遠機内蔵)がついているので、暗い場所や夜間でも探索ができる。
#参考:ペルシャ設定http://ginbar-net.hp.infoseek.co.jp/apr/ig/igd-id-neo.htm#i-d-persian


#冒険に備えた機体各部の調整
f:冒険探索用にペルシャのエンジン、脚部、腕部、腰部のアクチュエータの柔軟性とサスペンションをチューニングしておく 
={
 側面 = 冒険する場所に備えてチューニングすることで、資源探索の精度や機体の耐久性を高めることが出来る
 側面 = コパイの冴月は高位西国人+マシンマイスター+チューニングマスター+スペーススターキャット+吏族なので機体や地面の状態に応じた調整が効率よく行える
 側面 = コパイのキギは高位西国人+マシンマイスター+チューニングマスター+名整備士+参謀なので機体や地面の状態に応じた調整が効率よく行える

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第二回DEX社冒険ゲーム 資源採掘大会f: 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる