作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS EV116その他作戦案f:

<<   作成日時 : 2008/07/01 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●35-00681-01:YOT:ゴロネコ藩国
引用元:http://www.cano-lab.org/akudo/empirebbs/yybbs.cgi?mode=allno&tp=tree&no=172&top=145
f:恵が特殊で通信妨害を無効化しつつオペレートを行う=防空回廊等を含む全部隊の連携を守る事が出来る。
f:遠隔地の部隊には恵の無限距離通信でオペレートを行う=遠距離でも安定して通信出来る。
f:奇襲を行う部隊には恵が無限距離通信でオペレートを行う=通常の通信とは異なるので察知され難い。
f:オペレーターは移動に使用した艦からオペレートを行う=艦の通信機器を使用出来る。

●15-00301-01:蘭堂 風光:ナニワアームズ商藩国
引用元:http://www.cano-lab.org/akudo/empirebbs/yybbs.cgi?mode=allno&tp=tree&no=173&top=145
奇襲時
f:空母を火星が生み出す死角に配備する=隠蔽性を高める
f:フェイクトモエリバー3を黒く塗装する=宇宙空間での隠蔽性を高める
f:フェイクトモエリバー3はブースターで加速した後、スイングバイを活用した加速と方向転換を行う事で推進装置を停止しながら敵艦隊に接近する事ができる=敵艦隊のセンサーにキャッチされにくく、奇襲を行いやすくなる
f(1):ヘイムダルの眼はtera領域の宇宙エリアに侵入した敵に対し、敵の陣容を戦闘前に知ることが出来る=ヘイムダルの眼から情報を得る事で敵艦隊の位置や構成を正確に割り出せる
f(2):f(1)かつ”初心級宇宙空母”が輸送した部隊は常時オペレータ行為がかかっている=ヘイムダルの眼が得た情報を”初心級宇宙空母”に提供する事で輸送したフェイクトモエリバー3の部隊にスイングバイを利用した奇襲に適した航路を効率良くオペレートできる
f(3):f(2)より常時監視を行うヘイムダルの眼を索敵に用いる=相手はこちらの行動の予兆を掴みにくい

●GENZ@無名騎士藩国
引用元:http://www.cano-lab.org/akudo/empirebbs/yybbs.cgi?mode=allno&tp=tree&no=178&top=145
f:ヘイムダルの眼の機能=超大型合成開口レーダーシステムとして稼動し、火星軌道以内の移動物体を探知。反射波のドップラーシフトを測定し移動速度をも検出できる
f:ヘイムダルの眼により敵の位置・速度は既知となる = {
 側面:攻撃部隊が長距離レーダー捜索を行う必要がない
 側面:攻撃部隊は最適軌道で接近した上で攻撃が行える

f:攻撃部隊が長距離レーダー捜索を行う必要がない = レーダー波を発することで発見されることがなく、射撃管制レーダーを照射する時まで敵に発見されにくい

●42-00537-01:吾妻 勲:星鋼京
引用元:http://www.cano-lab.org/akudo/empirebbs/yybbs.cgi?mode=allno&tp=tree&no=183&top=145
f:今作戦は星間リンクゲートを使用した強襲作戦であり、敵の迎撃体制展開に先んじて攻撃できる = {
 側面:敵艦隊目標は惑星tera領域である = 火星宙域は敵艦隊目標ではない
 側面:火星宙域は2航路先の距離にある = 敵艦隊が戦闘体制を維持したまま目標領域へ移動するのは、航続距離などの観点から困難である
 側面:火星宙域は、惑星tera領域への爆撃圏外である = 爆撃及び地上制圧を主目的とする主力部隊の展開は、敵艦隊火星宙域において行う行動ではない


f:敵艦隊は巨大艦隊である為、小回りが効かず、乱戦になると迎撃困難となり、小規模部隊でも有効打を与えられる = {
 側面:敵は120隻からなる巨大艦隊である = 効率良い移動の為、ある程度まとまった陣形を取る必要がある
 側面:敵は120隻からなる巨大艦隊である = 火力効率を上げる為にも、陣形はある程度の密度と面積を必要とする
 側面:上記事由より、艦隊はある程度の密度を持った隊形である = 艦隊内部で迎撃を行う場合、敵艦隊は味方を誤射する危険性がある
 側面:艦隊は要塞艦で構成されている = 要塞艦を駆動させる程高出力のエネルギー源であれば、撃破の際の誘爆で艦隊に被害が及ぶ可能性がある
 側面:艦隊内部で攻撃を敢行した場合、艦隊行動を混乱させる事が出来る
 }

#フェイク部隊用
f:フェイク3による強襲及び撹乱 = {
 側面:フェイク3は通常I=Dサイズである = 要塞艦隊内を高速で横切る事が可能
 側面:加速に火星重力圏を利用 = 燃料消費を抑えると共に、加速効率を上げ、熱源使用を抑える事により隠蔽製も高まる
 側面:フェイク3は高機動機である = 要塞艦や大型I=Dの死角を容易に取れ、艦隊内で護衛機と渡り合う事も可能である

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
EV116その他作戦案f: 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる