作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 航空偵察

<<   作成日時 : 2008/05/20 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【地形】
http://idsakusen.at.webry.info/theme/e0436b0206.html

【装備】
<猫I=D>
Hi-うささん
芥試作機

<犬I=D>
ケント空戦型 ブラックドッグ
フェイクトモエリバー A71−E(W4) ワ=シ(I=D)
伏見試作機

【体術】
・偵察する際は、「いつ、どこで、どの程度の規模の部隊が、なにを装備し、なにをしていたか」を確実に把握し、仲間に伝える。
・地形は、可能なら、作戦前にあらかじめ調べておき、変化がある場合のみ報告することで、連絡にかかる時間を短縮する。

≪情報収集≫
・敵の規模を数字や種類など具体的に調べて本隊に伝える。
・敵の行動、位置、見つけた時間、装備などを具体的かつ詳細に調べる。
・五感を使い、特に視覚と聴覚を駆使して探索を行う。
・偵察地域全体を広く見渡した後、目だったものや気になるものを探す。
・先入観を排除し、五感で感じたものをすべて拾い上げるよう意識する。
・足音や声、移動の際の騒音など不自然な音も聞き逃さないようにする。
・必要に応じて地形スケッチしたり、カメラの映像を送る。
・足跡や目印などの不自然な痕跡がないかを調べる。
・反射光やものの影、色、敵部隊の移動の様子を的確に捉える。
・視界を重複させ見落としを極力なくすこと。

≪通信≫
・敵情報を通信で送るときはデータを暗号化して送る。
・通信は極力短時間で必要なときのみ行う。
・本部と情報をリンクさせ、現在地点と偵察ポイントを分析し、探索範囲の絞込みを行なう。
・敵発見の場合、速やかに本部へ連絡したのち、継続して監視を行う。
・目標を確認し次第、随時仲間部隊へ連絡。敵目標の種類にしたがって交戦か撤退かを確認。
・偵察は出来る限り高所から、身をひそめて偵察のみに専念し、敵の行動を攻撃班、狙撃班に伝える。
・偵察ポイントは、其々の死角をカバーするように配置すること。

<制御中枢防御>
・ジャミングやハッキングで偵察を邪魔されないように各種電子関係のプロテクトを厳重にしておく。
・ネットワークは事前にランダム暗号鍵を生成しておき、指定されたタイミングにより定期的に切り替えられるようにしておき、容易にのっとられないようにする。
・敵による侵入を防ぐためファイヤーウォール、ICEを使用する。
・敵のソフトキル対策に、監査プログラムを常駐させる。
・電子機器、精密部品をサージプロテクト加工しておく。
・監査プログラムはアクセスIDを常に解析し、不正アクセスを監査する。
・不正アクセスを感知した場合、即座にそのIDを強制排除する。
・不正プログラムを感知した場合、一時全アクセスを遮断、削除を行う。
・バックアップは常時更新され、システムダウンの際は即座に置換する。

<オペレータとの連携>
・オペレータと情報リンクし、全体の連携を図る。
・オペレータの誘導に従い、的確なタイミングと方向から偵察を行える。
・オペレーターと暗号コード、データコード、データの交換などをきっちりおこなっておく。
・オペレータ部隊からのオペレートと、自編隊のセンサーの情報を統合させて攻撃を行う。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
航空偵察 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる