作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS WD装備

<<   作成日時 : 2007/09/10 08:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【WD煌月】
・対戦車ライフル:敵装甲機の撃破を目的としたライフル。装弾数6。ウォードレス着用時の使用を想定しているため通常の対戦車ライフルよりも口径が大きい。三脚を利用した安定姿勢からの狙撃の他、ウェポンラックを使用して腰部に固定することにより(ヴェスバーを想像していただけるとありがたい)歩行姿勢でも安定した射撃が可能である。
・7.9mm機関銃:取り回しがよく、携行性に優れた支援火器。装弾数36。貫通力や命中率は低めだが、拠点制圧や支援、突入任務に力を発揮する。部品数も少なく抑えられており、故障率が低く、メンテナンスも容易である。
・手榴弾:拠点制圧や目くらまし、トラップ等用途の多い装備である。通常の破片手榴弾を始め閃光手榴弾や音響手榴弾、対装甲の粘着手榴弾にジャミング手榴弾などがある。
・ウォーアクス:戦闘だけではなく陣地構築や攻城にも役に立つ
・超振動大太刀:刃物としての鋭さと超振動を利用してあらゆるものを切断する。
・長砲身キャノン(40mm高射機関砲):長距離直接火砲支援を目的とした高射機関砲。装弾数20。陣地に据え付けての射撃はもちろんのこと、ウェポンラックを併用することによって個人で、かつ移動しながらの使用が可能である。照準は目視や照準器の他、ウォードレスに搭載されたCPUと連動させることが可能であるため、オートロック射撃や正確な長距離射撃(曲射含む)を行う事ができる。
・シーカー:ウォードレスや本部コンピュータと連動する事ができる飛行型無人探索機。偵察の他に長距離射撃時の弾着確認・照準修正や複数機による3D地形データの作成、メッセンジャーとして使える。
・ジャンプロケット:迅速な移動、襲撃を可能にするためのジャンプロケット。これによってビルの上への到達、直線距離での移動などの特殊な機動が可能になる。重量があるために着脱が容易になっている。
・シールド:白兵戦はもとより砲戦での目隠し(中央部のパーツを外すことによって銃眼が現れる)、簡易的な陣地の構築、裏面への予備弾装の装着などに使える。

A.白兵装備
 ・超振動大太刀(もしくはウォーアクス)・シールド・7.9mm機関銃
 →砲兵の支援を受けて敵小型ユニットと白兵戦闘を行うためのユニット。
 ジャンプロケットを併用してヒットアンドアウェイの戦法を取るのもいいだろう。
 最前線での戦闘となるので、支援と連携は必須。

B.砲兵装備
 ・対戦車ライフル・長砲身キャノン(40mm高射機関砲)・ジャンプロケット
 →敵装甲機の破壊、最前線の歩兵の支援を目的としたユニット。
 ジャンプロケットによって自由自在に移動し、あらゆるポイントから統制射撃を行う。
 また状況によってはライフルやキャノンを移動しながら使用するという、歩兵でありながら戦車的な運用も可能である。

C.戦車随伴歩兵装備
 ・7.9mm機関銃(もしくは対戦車ライフル、長砲身キャノン)・超振動大太刀・シーカー・ジャンプロケット
 →I=D支援ユニット。I=Dの弱点である足元の敵の掃討を目的とする。
 機動性をある程度犠牲にしても火力と柔軟性を重視する。
 状況によっては(見通しが悪いなど)I=Dに先行して偵察を行う場合もある。

D.突入・救出戦装備
 ・7.9mm機関銃・手榴弾・シーカー・超振動大太刀・ジャンプロケット
 →拠点制圧や救出・突入作戦に特化したユニット。
 敵の撃破を目的としないため大型の火器は持たず、機関銃と手榴弾を中心に戦闘と制圧を行う。
 目的を遂げ次第ジャンプロケットで脱出する。

E.偵察装備
 ・手榴弾・シーカー・ジャンプロケット
 →偵察ユニット。武装は最低限であり、シーカーと本部の中継も行う。
 基本的に戦闘は行わず、偵察失敗時には各種手榴弾やジャンプロケットを利用して離脱。
 煌月の柔軟性と瞬発力を最大限活かすことになるユニットである。

F.空間偵察装備:ケルノ
生命維持装置や全周囲センサーの最低限の活動装備と防衛装備と電子戦装備を装備する。
全体の重心を背中にずらし、その部分に推力システムを集中させることにより、バランスを取る。
兵装は反動の無い専用のレーザーライフルを一丁装備する。
やら必要なものをもりもりと突っ込んでしまったためにこうなってしまったのだ。嗚呼無常。

G.ディープストライカーパック
敵陣への強襲戦のために機動力と火力を備えた装備。
4本の増加燃料タンクは合計10分もの連続噴射時間を備え、短時間での長距離侵攻が可能。
さらに背に二門搭載された50mm機関砲を撃てる。
一方、防御面では両肩と胴体に取り付けられた増加装甲エプロンによる防護性能の向上。
両肩の装甲の裏に隠されたフレア・チャフの発射装置は敵の対空ミサイルに対する回避に用い、突撃時の被弾率を下げている。
ウォードレスコネクタによる姿勢制御は可能
 ―兵装―
 50mm機関砲×2(両弾装に10発)
 チャフ・ディスペンサー(10発)
 フレア・ディスペンサー(10発)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
WD装備 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる