作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS <E59FVB決戦>共和国側基本案

<<   作成日時 : 2007/03/18 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作戦名:ブラックパール

作戦目標:
1.敵侵攻目的の阻止
2.国民・ロジャーの生命
3.国土保全

作戦背景:
世界忍者国は羅幻藩国より敵部隊が世界忍者国へと地下を通り向かった可能性アリとの報告を受けている。
また時を同じくして避け藩国・ジェントルラット藩国・るしにゃん王国の星見司たちも世界忍者国に不穏な影アリとの報告を発する。
それを受け、世界忍者国藩王は各国に救援要請を発信し、同時に参謀本部に協力を仰いだ。
かくして世界忍者国に多くの藩国精鋭が集まり、敵を待ちかまえる形となった

作戦概要
1.国民への王城付近への撤退
  ・瞑想通信(てーべー)を使用し、国民に撤退を訴える(目標は王城近辺)
   ただし作戦自体の邪魔にならないよう、軍事施設以外の場所に収容する。

2.偵察
  ・ドラッカー部隊のうち3名の予知夢を使用し、敵の侵攻ルートを探る(同時に敵目標の一つと思われる遺跡の位置)
   偵察目標:敵の侵攻ルート 敵オーマの位置 遺跡の位置をそれぞれ狙う
   →その後、この部隊はI予備兵力にまわり、必要な地点への援護に向かう
  ・その後、具体性を見るために根源力3万以上のI=Dによる偵察部隊編成(詳細は下記。地下と地上に二部隊ずつ派遣する。齦泊烽ヘ予備部隊)
   偵察目標に到達した時点で連絡を行い、以降つかず離れずの状態を維持する
   この偵察に関して、地上偵察班はナニワアームズ商藩国のI=Dが使用する迷彩用マントを使い、また発見後は伏せ状態になり、迷彩製を高めておく。
   また地下偵察班は新型機配備が間に合わなかった場合、地上と同様迷彩用のマントを着用する
   また地下における偵察で暗い場合は猫士の「夜間戦闘行為」の能力を活用する

3.攻撃
  偵察の結果によるが大きく二部隊に別れる
  A.地上防衛部隊
    ◆大目標 敵航空・地上戦力の打破
      攻撃の具体的方策
      第一撃全ユニットによる攻撃→I=D部隊の半数撤退(整備班回復開始)→I=D部隊の残り半分撤退(回復開始)→I=D部隊の半数が回復した時点で出撃。同時に歩兵部隊撤退(医師による回復)→I=D部隊の残り半数回復の時点で出撃→歩兵部隊出撃→I=D部隊の残り半分撤退→(以下繰り返し)
      以上の攻撃は遠距離攻撃を持って行う

  B.地下防衛部隊
    ◆大目標 敵の目標と思われる地下遺跡の確保・及び敵戦力との交戦
     攻撃の具体的方策
     ・敵より先に遺跡を発見できた場合
      →工兵を使用し陣地構築
       その陣地により敵と交戦する
      →ヒーローユニットは地下の遺跡の簡易調査
       遺跡の評価を行う(使用目的など)
      →攻撃の方法に関して
       地上と同様に第一撃に全力、以降回復交代を繰り返しつつ敵の戦力を順次殺いでいく
   
     ・敵が遺跡に先行した場合
      →I=D歩兵による追撃戦を行う
       行動は拙速を旨とし、敵と速やかに交戦状態にして敵への遅延行動とする

      双方、遺跡内で可能な限り遠距離による攻撃で片を付ける。
      双方共に敵との交戦距離になった時点で攻撃を開始する


※オーマに関して
 白のオーマ2体に関しては発見次第情報を共有し、最高目標として常に位置に気を配り、可能ならば視認できない遠距離からの攻撃で撃破
 黒のオーマに関しては偵察を行い、動向をうかがう。位置から判断して攻撃の意志ありと見なされた場合のみ攻撃対象とする

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
<E59FVB決戦>共和国側基本案 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる