作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS <E56同時多発爆発>後ほねっこ領基本案

<<   作成日時 : 2007/03/17 05:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◎偵察
 オーマ侵攻に備え、帝國BMの出撃を申請し根源力3万以上のパイロットによるI=Dで偵察を行なう。コパイの犬士については計器に注視し、目視による敵確認を厳禁とする(敵存在がオーマではないと判明したならその限りではない)。
 偵察に際しては、固定兵装のランスを活用できる制式I=Dトモエリバーをメインに使用する。
 なお、周辺藩国との災害連絡網などにより、不審爆発のあった場所がえ〜、たけきの両藩との境部にある場合には、現地到達前に緊密に連絡を取り合うこととする。
 偵察についてはトモエリバーとペアを使い、1体が偵察している間はもう1体が本部との連絡+周辺警戒に当たる。
 対象発見時の挙動は、

 1)オーマ
 目視により死亡しなかった各パイロットは報告の後、孫が森を遮蔽に利用し離脱。

 2)根源種族
 報告後、本体と合流。火力を集中して攻撃する。

◎王都守備隊
 爆発の報告を受けた時点で王都を捨て、藩民を爺が森に避難させる。敵が王都を目指すようであれば王都内で偵察隊の合流をまって、建造物を遮蔽に用いて戦闘。盾による遮蔽提供1体、火砲による足留め1体から、近接切り込み1体による各個撃破を行なう。このセル2つで対応。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
<E56同時多発爆発>後ほねっこ領基本案 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる