作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS <E56同時多発爆発>キノウツン藩国基本案

<<   作成日時 : 2007/03/17 05:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

キノウツン藩国 イベント56作戦案(草稿)

目的:国境付近で発生した謎の爆発の調査、対応策の決定

優先順位(1が最高)
1:ツン様の生命
2:アルトピャーノ国民の無事な帰還
3:国民の生命
4:爆発原因の排除

部隊編成(大枠)
1:偵察/観測班
2:本隊―砲撃班(I=D)
    ―支援班(医師・整備士)
    ―歩兵班(その他)
    ―予備班(はる)

作戦順序

1:観測班移動開始
1’:本隊ID搭乗ドラパイWD、予知夢使用
1’’:本隊、陣地構築
1’’’:本隊支援班→本隊の回復
2:爆発が敵戦力によるものであった場合、交戦判断
2’敵対意思が無い場合・敵戦力によるものでなかった場合は適宜判断
3:観測班、砲撃観測用意
3’:本隊砲撃班、陣地より偵察班の情報を基に遠距離砲撃
3’’:本隊支援班、砲撃班を回復
4:本隊砲撃班、再度砲撃
4’:支援班(整備)、砲撃班を回復
4’’:支援班(医療)、整備士を回復
以下敵殲滅まで繰り返す。
砲撃効果が得られない場合(敵装甲が固い等)、直ちに撤退に移る。
撤退の際はツン様、アルトピャーノ国民の撤退を最優先とし、
キノウツン国民は殿をつとめる。


作戦詳細
0:基本事項
全ての行動前にはロール、SS、イラスト提出を出来る限り行い、
難易度を低減させること。

1:爆発原因の調査(偵察)(移動)
I=D1機(対オーマを考慮し根源力3万以上の3名、
キノウ=ツン、沢邑勝海、プレミア)
は爆発点付近まで注意深く移動、偵察を行い随時報告する。
I=Dには予め迷彩を施しておき、敵であった場合発見されないよう備える。
使用能力は感覚。

1’:本隊ID搭乗ドラパイWD、予知夢使用
この間に本隊のI=Dに搭乗したドラパイWDは予知夢を使用し、
爆発後の動向(敵であった場合の移動方向、規模など)を予知する。
その際ドラッグによりリクエスト能力を強化することを忘れないこと。
リクエストに満たない場合、歩兵部隊の人員を幸運提出に使っても構わない。
医療班、整備班は回復に使用するため
成功にあと少しという場合以外は提出に使わないこと。

1’’:本隊、陣地構築
予知夢を行っている間、本隊の支援班以外は陣地を構築する。
I=Dによる作業を主とし、
防御に強く、遠距離戦に向いた陣地を築く。
作成場所は
その際、I=D付属の即応セットを使用し、作業効率を高める。
医療・整備班は人手が足りない場合使用を許可する。
(アルトピャーノ脅威の補正によりほぼ単独で医療・整備判定に成功すると思われる
ため。)


1’’’:本隊支援班→本隊の回復
・アルトピャーノの本領発揮である。存分にやってもらうこと。
・ほぼ単独で成功が見込まれる場合、
人員を使いすぎないこと。節約すれば攻撃回数は15回を越えると思われる。



2:爆発が敵戦力によるものであった場合、交戦判断
敵であり、
オーマだった→攻撃はもとより、
接触(話しかける等)もなるべく行わずに様子を見ること。
何か大きな出来事(NPCの支援が得られる等)がある場合を除き極力逃げること。
その他の既出機動兵器だった→移動先を判断し、
陣地から大きく外れ、攻撃が届かない場合のみ誘導を行う。
なんだかわからないがどうやら敵だった→遠巻きに観察し、
移動先が陣地から外れている場合
遠距離砲撃が可能な場所まで誘導する。


2’敵対意思が無い場合・敵戦力によるものでなかった場合は適宜判断
・陽動の可能性もあるので警戒は怠らないこと。

2’’万が一、偵察第一隊が死亡、戦闘から除外された場合
・偵察隊を追加する。この場合、観測方法は目視に頼らず、パイロットは機体の外部光
学把握を断念し、窓は密閉、移動のデータは計器を使用し、敵の持つ大きなエネルギー
を計器で探知することで対応すること。
その際、敵に見つからないよう、伏せの姿勢をとることで地形に隠れて行うこと。


3:観測班、砲撃観測用意
なるべくならば陽動攻撃をしないで済むようにすること。
偵察班は藩王二人であり、万が一やられてしまうと
にゃんにゃん共和国にとって大打撃である。
間違ってもオーマに攻撃を仕掛けるようなことはしないこと。
あくまで情報伝達が主である。

着弾観測は続行し、気付かれたら逃げること。。


3’:本隊砲撃班、陣地より偵察班の情報を基に遠距離砲撃
・陣形補正を最大限利用すること。
・突出した敵を狙うなど、近づかせないようにする。
・敵がオーマであった場合、以降決して目視はせず、観測員による着弾観測・計器によ
る情報を頼りにすること。
・敵が絶対物理防壁を使用している場合は、ATMなどによる爆発の破片による背後攻
撃や、ナパームによる酸欠・熱攻撃を使用すること。


3’’:本隊支援班、砲撃班を回復
・アルトピャーノさんに頑張ってもらいましょう。
・人員の無駄遣いは避けること。1人で成功できるなら1人で。


4:本隊砲撃班、再度砲撃
・陣形効果
・個別撃破狙い
・再攻撃可能回数を計算しておき、まとめて補正をかけた方が有効かもしれない。

4’:支援班(整備)、砲撃班を回復
アタックランクの続く限りI=D攻撃、
整備士→I=Dの回復、
医師→整備士の回復、を行い続けること。


4’’:支援班(医療)、整備士を回復
・医療+9って凄いですね…。


(EX.撤退):
敵にこちらの攻撃が通用せず、
NPCの支援も受けられず、どうしようもない場合は
潔く撤退すること。命あっての物種である。
撤退の際は藩王、重要役者、連合相手、高根源力者等を優先して撤退させること。
I=D部隊による火力制圧も有効と思われる。
弾幕を張って足を止めている間に各自撤退をすること。

EX-2
Gの使用について
要求されるリクエストが達成不可能な値であり、なおかつ敵が女性であった場合は、ル
ールに存在する
1.個人の技や特殊能力、使用するマジックアイテムを決定する。
より、最初に技と同じタイミングで使用する。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
<E56同時多発爆発>キノウツン藩国基本案 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる