作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS <E65作戦立案>玄霧藩国偵察基本案

<<   作成日時 : 2007/03/30 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


【作戦目標】岩田の確保と防衛

【作戦地域】玄霧藩国

【作戦概要】
1、玄霧藩国との連携(有事の避難含む)
・玄霧藩国に対して協力を要請し、岩田に関する情報の提供や藩国の施設の使用、有事の際の避難行動に関する承諾を得る。
・玄霧藩国での調査と偵察を円滑に進めるため、藩国の中心である王都に一時的に偵察隊の拠点を設ける。(さらに有事の際はここに本部を設置することになる。)
・敵襲撃による戦闘発生など、有事の際は即座に玄霧藩国中枢へと連絡し非戦闘員を速やかに避難させる。

2、岩田の所在確認と確保
・玄霧藩国に逗留している岩田の所在を確認し、確保する。その後は敵襲撃に備えて警戒を続けた上で撤収する。
・岩田の周辺環境は病院であるため、これらの施設とその近辺に偵察隊を派遣し、重点的に調査する。
・B.ヤガミの出現がないと確認できれば、舞踏子を使って岩田に対する呼びかけや交渉を行う。
・実際の偵察は、根源力3万overの人員と偵察の得意なバーミーズ・幸運の高いうささんを組み合わせて行う。敵襲撃の際は着弾観測などを行う。
・火力担当の黒曜とアメショーは偵察の後方支援を行い、敵出現の際はそのまま偵察隊の着弾観測と組み合わせて後方から遠距離砲撃を行う。
・玄霧藩国は無名騎士藩国との聯合時に黒曜を一機贈られており、コレを利用して偵察隊のI=Dとの通信をおこなって玄霧藩国の政庁と情報をリンクさせる。

3、戦闘行動(岩田防衛)
・敵出現の際は速やかに戦闘態勢に移行し、敵を迎撃する。
・敵襲撃時には偵察のバーミーズとうささん(根源力3万over確認)による着弾観測と、火力担当の黒曜・アメショーの遠距離砲撃を中心に敵の殲滅を試みる。あるいは岩田と玄霧藩国民の撤退までの時間稼ぎを行う。
・戦闘発生時に岩田を確保できている場合、岩田には玄霧藩国民の護衛を要請し非戦闘員とともに避難してもらう。あるいはバーミーズを使って無理やりにでも撤退させる。
・戦闘発生時に岩田を確保できていない場合、戦場に現れる可能性もあるので敵と戦闘を行いつつ岩田の確保を試みる。
・戦闘中の撤退を見据え、撤退ルートは複数確保しておく。

4、情報送信
・玄霧藩国の偵察によって得られた情報を参謀本部が分析し、動員計画と作戦立案に用いる。
・岩田に対するアラダ襲撃の兆候が見られた場合や偵察隊だけで敵襲撃に対応できない場合、即座に部隊を編成して玄霧藩国へ出撃、根源種族撃退を試みる。

EX、撤退
・敵の戦力が余りに強大で対処できないときは時間稼ぎを行いつつ速やかに撤退を試みる。
・敵がいない、あるいは敵の最も弱い部分に全部隊を一点集中して突破を試みる。
・撤退後、隣国や聨合国に保護を求める。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
<E65作戦立案>玄霧藩国偵察基本案 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる