作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS <E53FEGの死闘>FEG基本案

<<   作成日時 : 2007/03/09 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■FEG防衛戦概案

●本概案は是空藩王の結婚式、及びたけきのこ使節団歓迎式典におけるFEG襲撃への対応を検討するものである。
・今回の戦闘は防衛戦であり、受動的な状況変化が多く発生するものと予測される。
・FEG及びたけきの藩国の維持を重視し、FEG藩王・是空とおる、たけきの藩王・たけきのこ、またACE・原素子&BALLS(以上敬称略)の生存を確保する。

●本防衛戦の優先順位は以下の通り。
1.是空王、たけきのこ王、原素子女史の生存
2.襲撃者の身元確認
3.襲撃者の撃退
4.防衛戦従事者の生存

●部隊編成と初期配置、行動の想定は以下を指針とする。

●基本戦略

●配置
 全部隊式典の関係にて政庁城周囲となる。
 周囲には広場・整備工場・飛行場・街道があるため、人員及びI=Dは配備済みと言える。
 →イベント51での迎撃作戦にて織り込み済み。

1.索敵
 ●対オーマ部隊
 Aチーム(I=D小隊 2機(根源力3万部隊)

2.根源力3万歩兵部隊誘導
 ●対オーマ部隊
 Aチーム(I=D小隊 2機(根源力3万部隊)
 Bチーム(混合歩兵小隊 9名(根源力3万部隊)

3.応戦
 ●上記全部隊
 ●FEG歩兵中隊
 Cチーム(パイロット小隊 10名(内 資源猫士2名)
 Dチーム(サイボーグ小隊A 10名
 Eチーム(サイボーグ小隊B 10名

4.陣地構築
 ●陣地構築中隊
 Fチーム(I=D小隊 2機
 Gチーム(整備小隊 10名

(1〜2は連動、3〜4は随時状況次第にて)

---------------------------------------------------
●防衛戦の迎撃パターン想定

アタックランク15〜10
・Aチーム索敵中、Fチームは稼動可能になり次第、先行して陣地構築開始。
・敵影発見の場合は → 第二段階へ

アタックランク10以下
・未発見の場合は帰還。
・Aチームは消費したアタックランクの回復を整備小隊にて行う。
・Bチームは敵判明まで待機。
・C〜Eチームは3方向の索敵開始。
・Fチームは待機、または引き続き陣地構築。
・敵影発見の場合は → 第二段階へ

防衛戦第ニ段階:敵判明
 1.ボラー=根源力3万チームのみで対応。
 (3万以下は陣地構築参加)
 2.その他=配置に基づき全戦力で対応。

●詳細
防衛戦第一段階:爆発原因究明
 アタックランク15から行動を開始する。
 本部駐留隊及び本部防衛隊より2機のI=D(搭乗者の根源力は30000以上)Aチームを出撃させ、爆発が発生したと思われるエリア(質疑によって判明した場合。判明しなかった場合、東西の国境に向けて移動)に急行させる。

 同時に政庁城周辺のI=D及び整備小隊(Fチーム)は初期配置地点で拠点構築を開始する。

 予想爆破地点を調査した上で、当該地点に敵影が見られない場合、I=Dは警戒域を螺旋状に広げる形で移動し、索敵を行う。
 アタックランク10になるまでに発見できなかった場合、I=Dは速やかに政庁城に帰投。
 続けて外部警備隊(C〜Eチーム)を3分割し、東西南北のAチームが索敵していない方向(3方向)に向かって出撃させ、警戒にあたるものとする。

防衛戦第ニ段階:敵判明
 敵により戦略変更しつつ迎撃。

●理想
 敵が近い場合と遠い場合での想定。
 移動手段は広場・街道など確保済みのため、敵が遠い場合には移動布陣まで考慮。

 1.ボラーに最初にあたるのが歩兵だと即死まであるので注意
 2.アタックランクの多重消耗は避ける
 3.敵が政庁城に近づいてきてくれたほうが好都合なので、誘導も考慮。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
<E53FEGの死闘>FEG基本案 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる