作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS <EV39になし炎上>詩歌藩国作戦案

<<   作成日時 : 2007/02/09 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作戦補正 −1
●作戦概要:
モンスターTYPE2を敵として想定。
敵を政庁に引き込み、周囲一帯ごと爆破する。

中隊を3つに分けて作戦を遂行する。
A:歩兵2個小隊:作戦時間を稼ぎ、敵を誘導する
B:整備隊2個小隊:民間人の避難誘導、政庁爆破の仕掛け
C:指揮小隊:作戦指揮、仕上げ。囮として敵をひきつけ、離脱する。

●作戦詳細:
A隊:
になし藩国南部の森で会敵。
森での戦闘訓練を活かし、敵との距離を一定に保つ。
敵をひきつけ、油田に誘い込むこと、B隊の仕掛ける時間を稼ぐことが目的。
森を抜け油田までひきつけたらC隊に後を託し、散開。爆破範囲から逃れる。
爆破後、敵の包囲殲滅に加わる。

B隊:
油田周辺及び政庁の民間人を避難させ、政庁(宇宙船)のエンジンを利用し、爆破の準備。
民間人の避難にはトモエリバー用の軍用トラックを使用。
森精華の指示に従い、作業を進める。
同様に爆破を考えるほかの藩国の部隊と協力し、作業をする。(この部分はフレーバーです)
政庁は本体がほぼ地下に埋まった宇宙船であり、油田を賄う燃料タンク、地下を通じて伸びるパイプラインなどの存在から爆破により広範囲に被害を及ぼすことが可能。
爆破のタイミングは後述。
工作終了後は爆破範囲から離脱、爆破後に合流する。

C隊:
政庁に陣取り、高所から敵を狙い撃つ……ように見せて敵をひきつける囮。
I=D及び指揮官なら敵の攻撃目標として優先度は高い。
油田を挟んで攻撃を行うため、TYPE2以外の敵の移動を阻害出来る、というもくろみもある。
(TYPE2は浮遊位しそうなので、あくまでもそういう作戦というポーズ)
遮蔽と手持ち増加装甲で身を守り、4連装7.62mm対人機関銃をばら撒きながら後退。
機関銃射撃は歩兵部隊が散開する時間を稼ぎつつ、敵の注意をひきつけるのが目的。
敵を政庁に引き寄せ、自らは指揮官を抱えブースターで離脱。
このタイミングで政庁地下の宇宙船動力部を爆破、パイプラインを通じて周囲一帯を壊滅させる。

敵が爆破に耐えることを想定し、100mm砲(ランス)に装備変更、敵が出てきたところに叩き込む。

TYPE2は根源力33300の九音・詩歌が指揮を行うことで対処可能と考えるが、最後は全部隊による包囲援護を受けて自ら戦う。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
<EV39になし炎上>詩歌藩国作戦案 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる