作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS <EV39になし炎上>になし藩国作戦案

<<   作成日時 : 2007/02/09 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作戦補正 −2
敵:タイプ3を想定
舞台:政庁
政庁設定:
・政庁の大きさから考えて、内部にトンネル(大型通路)が通っていると思われる→設定追加
・一般に政庁の1Fなのだから吹き上げエントランスが存在するはず。高さ10 メートル程度。トン
ネルといっても地面を掘ったものではなく、実際は単なる通路なので、高さは同程度→設定追加
○部隊編成
騎士団は敵の誘導を行う。これをA班とする。トモエリバー2機は政庁周辺の建築物に潜む。
これをB班とする。
I=D未搭乗のパイロットは、手持ちがあるならば無反動砲を装備、吏族と共に政庁北東入り
口近くの低層建築物へ伏せる。これをC班とする。無反動砲の照準は、入り口の天井。
○作戦第一段階
A班、敵と接触。近接攻撃を避け、障害物を利用しながら遅滞戦闘を行い、敵を政庁北東入り
口まで誘導。
また、最終的な誘導地点に向かうまでには森林地帯が多くあるため、それを利用する。
このとき、可能な限り敵に関する情報を取得すること。
特に、光学兵器、ミサイルの有無、手のアタッチメント装備、脚の構造など。
離脱は狭い道路、場合によってはビル内部を突き抜ける形をとる。
決して近距離には入らず、また長時間敵の火線に曝されるような戦い方はしないこと。
※敵が近接型と目されるため、肉薄は必要になるまでは避けるべき。
※敵の遠距離火力を確認する。遠距離火力が高いようならば切り替える必要があるが、そうで
なければ接触は行わない。
○作戦第二段階
A班は政庁北東入り口より内部に入った時点で左右に分かれて離脱。パイロットの一人が観
測を続け、敵が侵入した時点で手信号。理力砲撃により敵の足元を狙い、無反動砲により天井
を狙う。同時に後方よりB班突撃開始。この時ランスは捨て、近接戦闘のみを狙う。
砲撃によるダメージは期待せず、足止めとトモエリバーの突撃の隠蔽を目的とする。
一斉射撃完了と同時に正面よりA班突撃。挟撃の形をとる。あくまでトモエリバーによる一撃
殲滅を狙うが、難しい場合は敵を包囲、戦闘を行う。原則敵の正面は防御的に行動し、背面を
取ったグループが主戦力となる。
騎士は敵のバランスを崩すことを主眼とし、脚(バランス取り用の指、関節など)を狙うようにす
る(彼我体格差から強いて狙う必要もなくそのようになると思われる)。
敵を引き倒すことに成功した場合、トモエリバーの一斉攻撃で止めを刺す。
※入り口部分は狭いため、10mと巨大な敵の格闘能力、機動力には制限がつく。また、挟撃効
果も上がる。
使用判定:近接戦闘
理由:トモエリバーによる近接戦闘、あるいは騎士らとトモエリバーによる包囲後の近接戦闘に
よって決着をつけるため

☆ぽち姫に関して
原則、本陣(藩王の居る場所=C班?)に置いて、可能な限り動かさないようにする。
手隙の兵が手当てを絶やさないで行うこと(動員部隊である以上医療キットはあるはず)。
戦闘後、越前藩国の派遣してくれたドラッガーと遭遇できれば、治療を依頼。
できなかった場合は、隣接国であるFVBに移送できるなら行う(サイボーグがいるため)。ただ
し、状態として移送が危険な場合は、連絡して来てもらえるようにする。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
<EV39になし炎上>になし藩国作戦案 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる