作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS <EV40キノウツンの誇り>戦術

<<   作成日時 : 2007/02/16 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作戦評価:5

第1班
忍者などのユニットを使い、陽動部隊侵攻ルート上の早期警戒網・敵の警備状況(監視システム含む)・敵の撤退路(隠し通路など)・を確認し制圧・破壊、タマの監視。
監視目標:タマ・是空 破壊目標:敵撤退路(ただし地図上Bは下記の突入に用いるため破壊せず) 制圧目標:敵監視・通信システム(ただし現場で不可能と判断される場合は破壊もやむを得ないとする)

第2班
屋敷北部にある丘に監視所及び砲撃場所を設置し、遠距離に優れるアイドレスにより、周辺施設・山荘を砲撃。その際、弾着監視要員にはサイボーグユニットを使用する
目標:I=D格納庫・発電所・山腹監視所・検問などの連絡施設、敵周回アメ=ショー

第3班
陽動部隊を展開し、山荘に向かう道を封鎖、山荘への攻撃を行い陽動。
また援護I=D部隊は周回I=Dの撃破を行う。

第4班
突入部隊は偵察部隊が発見し、使用可能とした撤退通路より侵入を開始する。
なお使用する通路はBとし、森の中を進行することで敵の視界に入ることを防ぐ
侵入後、通路はトラップなどで封鎖し、使用不可能にする。
基本的なスタイルは奇襲→制圧の繰り返しであり、不必要な戦闘は避ける。
突入部隊の主任務は制圧であり、捕虜は一切取らず武装解除に応じない人物は殺害する
サイボーグのような武装解除が不可能なユニットも同上である。
ただしタマの場合、拘束をメインとするが、困難との現場判断なら、殺害を許可する
工兵は侵入に使用した通路の封鎖(破壊)+速やかな通路の確保をする(通路が故意または事故により封鎖された場合)
突入部隊は最低単位をスリーマン・ワンセルとし、決して単独での行動はしない
もし撤退路が発見できなかった場合、突入時にはスタングレネード・チャフグレネードを使用。
突入の際、内部偵察部隊との連絡を密にし、可能な限り敵の薄いポイントで突入する。

第5班
屋敷内制圧完了の時点で医者を含む後続隊を内部に侵入させ、たけきのこ・負傷者の救出を行い、同時にタマの不正・犯罪に関する資料の確保を確保すること

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
<EV40キノウツンの誇り>戦術 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる