作戦ライブラリ

アクセスカウンタ

zoom RSS <BM>ヲチ藩国救出作戦作戦案

<<   作成日時 : 2007/02/17 15:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作戦補正3
作戦経緯
 トンネル内での砲戦は、最悪の状況ともいえる苛酷な環境である。
その条件を回避して出入り口での砲戦を行った木曽池春海とその任務隊は正しい作戦眼をもっていた。

第0段階:
 工場区側のトンネル出入口より、敵が出現したところから作戦時間のカウントを開始。

第1段階:
 まずa部隊が出入口を弧で覆うようにトモエリバー4機を展開、敵に対して100mm砲を集中させ支援射撃を行う。これにより敵の頭を抑えている間に、b部隊、およびc部隊が敵の側面に迂回。

第2段階:
 b部隊、およびc部隊は敵の側面から攻撃を開始し、a部隊と共に十字砲火を敵に浴びせる。c部隊には視界が制限されるトモエリバーに随伴し、目標観測による支援行動を直接打撃火力以上に求める。
(作戦図: )

☆<<補足事項>>
 なお土場藩国・越前藩国は同じ戦場に出ており、八神の治療にはサイボーグ技術を有する越前藩国の
協力を仰ぐ必要があるため、土場藩国から出撃した人員から、越前藩国から出撃した人員へ治療要請を行う。
要請を受けた越前藩国はこれを受諾する予定であり、作戦成功後直ちに越前藩国本体と合流を行って治療体制に移行する

☆作戦タイムテーブル(秒)


(0000   0060   0120   0180)
A 弧状展開・支援射撃→→→→→→制圧
B 迂回→十字砲火→→→→→→→→制圧
C 迂回→目標観測支援・十字砲火→制圧

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
<BM>ヲチ藩国救出作戦作戦案 作戦ライブラリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる